ドライブレコーダー

接近警報システム
フォークリフトの作業状況が見える!
危険運転や衝突などを映像で記録し、
職場環境の改善に役立てます。

安全レベルの向上は現場で起きているヒヤリハットの把握が必要です。しかしながら、そのヒヤリハットについても職場の安全パトロールだけでは、すべてを把握することは難しいものです。
現場のヒヤリハットを発見する方法はないものか、このご要望にお応えするのがドライブレコーダーです。
ドライブレコーダーは、実際に発生した労働災害や物損事故などを後から検証することもその役割の1つではありますが、さらに重要な役割として日常で発生しているヒヤリハットなどの状況を記録し、その記録を解析することで危険の予兆を把握することができます。
これらの解析結果から、作業方法や現場環境の改善、フォークリフト運転手への教育素材として利用することが可能になります。
現状の把握には欠かせない安全支援機器の1つです。

ドライブレコーダーの特徴

作業の危険を把握、解析したい
衝突事故や急発進・急ブレーキ、急旋回など車両にかかる 衝撃を感知、記録するので、どこでどんな危険があるか把握 できます。
様々な会社の作業員が運転する現場で物損事故の原因を特定したい
いつ、誰が運転している時にどんな物損事故が発生したのか、記録された映像で確認できます。
ルール違反の運転を管理したい
一時停止場所での停止はしているか、指差し呼称はしているかなど、 作業上でのルールが守られているか、記録された映像で確認できます。
記録した情報を社内安全教育に使いたい
危険な運転操作、危険が発生しやすい場所など、その状況が映像化され るので、 ハザードマップの作成や社内安全教育時の資料として利用できます。

こだわりの4つの機能

長時間記録でヒヤリハットを発見
最大96時間(※)の常時記録で作業状況が一目瞭然。また車両にかかる衝撃をトリガーに記録するため、ヒヤリハット撲滅に役立ちます。
64GB・2カメラ/WVGA/15fps/低画質の時
あらゆる作業現場に対応
防水防塵性に優れ、雨雪時や粉塵の多い厳しい環境下などでも安心して導入できます。また耐寒性にも優れ、-25℃冷凍冷蔵倉庫でも対応可能です。
安全教育や作業計画に活用
記録はAVI形式の動画やJPEG形式の静止画で保存可能。安全教育のほか報告書や作業計画などにも活用でき、運転者の指導や現場環境改善に役立ちます。
盗難防止やセキュリティ機能
管理者以外のSDカード抜き取りを防止するため、本体に特殊ネジを使用しています。またSDカードごとに管理者・パスワードの設定が可能です。

専用ビューワー再生画面

前方カメラ映像
フォークリフト前方の映像を確認することができます。映像はGセンサーの波形連動しているので、衝撃が発生した場合にトリガーマークが表示され、車両に何が起きたか確認することができます。同時に作業現場のルール違反(通路に荷物が置かれているなど)も確認する事ができます。
後方カメラ映像
フォークリフト後方の映像と運転者の動作も一緒に確認する事ができます。ヒヤリハットが発生した場合など誰が運転していたか、どんな動作をしていたか確認することができます。
スピード表示
GPSが受信できている場合は、疑似速度を表示します。ON/OFFボタンで表示・非表示の切替ができます。
実際の速度とは異なります。
Gセンサーグラフ
Gセンサーで検知した加速度(G値)を波形グラフ化。急旋回などでは左右方向(X)に、急発進・急ブレーキの時は前後方向(Y)に表示されます。さらに大きな衝撃の時トリガーマークが表示されます。
XY方向は本体取付け方向により変わります。
記録ファイル一覧
トリガー録画と通常録画の両ファイルを一覧表示します。トリガー録画でヒヤリハットを確認、通常録画ではルール違反や現場環境などを確認します。

構成機器システム概要

車載機器

管理ソフト

【必要動作環境】
OS:Windows7/8/8.1、
CPU:Intel Core i5以上、メモリ:2G以上
※専用ビューワーソフトをインストールするパソコンとSDカードリーダーライターはお客様にてご用意ください。

機器仕様

レコーダー本体

外形寸法 W84mm×H26mm×D102mm
質量 約290g(ケーブル含)
動作電源 DC8V~DC15V
消費電流 最大1A/12V(カメラ2台+インジケーターユニット含)
内臓機能 Gセンサー
記録メディア 専用SDカード(防水IPx7、-25℃~+85℃対応)
保護構造 IP66
動作温度 -25°C~+70°C
その他付属 特殊ネジ用専用ドライバー

前方カメラ・後方カメラ

外形寸法 W43mm×H58mm×D53mm
質量 約140g(ケーブル含)
動作電源 DC5V
消費電流 500mA/5V
ケーブル長 5m
撮影素子 130万画素 CMOSセンサー
レンズ画角 対角160°/水平120°/垂直90°
保護構造 IP67
動作温度 -25℃~+70℃

インジケーターユニット

外形寸法 W46mm×H25mm×D50mm
質量 約110g(ケーブル含)
動作電源 DC5V
消費電流 100mA/5V
内臓機能 GPSモジュール、防水マイク
保護構造 IP67
動作温度 -25℃~+70℃
  • 本製品の取付けとご使用は、必ず取扱説明書に従ってください。
  • 本製品の取付けは販売店にご依頼ください。
  • 大特・小特ナンバー取得車には装着できません。
  • 本製品は製品品質改良のため予告なく仕様変更することがあります。
  • 掲載されている商品の色は実際の色と異なる場合があります。
  • 掲載写真は一部販売製品と異なる場合があります。
  • Windowsは、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における商標または登録商標です。

ドライブレコーダー YAZAC eye3 Lite も販売しております。

ドライブレコーダーの記録解析

ドライブレコーダーの記録解析を行うことで、以下のことが可能になります。

  • 作業中のヒヤリハットの発見
  • 運転者のルールに則った運転操作の確認
  • フォークリフトの車両状態、適正な仕様の確認
  • 作業現場環境に問題がないか確認

現状解析でこんなケースを発見

1.段差を乗り越えた衝撃で運搬中の荷が落下!
状況
折りたたみ式ロールコンビテナーをまとめて搬送中、走行スピードを緩めることなく段差を通過したため、その衝撃でロールコンビテナーが落下した。
予想されるリスク
荷の破損により、修繕費が発生
近くにいた他の作業者に落下した荷がぶつかり負傷
フォークリフトが落下した荷に乗り上げてしまい、フォークリフトが横転、運転手が負傷
推奨対策
路面の凸凹を修繕する
安定した積荷方法の検討し、その手順方法を教育で徹底させる
構内制限速度の遵守を指導する
2.突然現れたフォークリフトに急ブレーキ!
状況
リーチフォークリフトで倉庫内の通路を後進、交差点に差し掛かったところ、別のフォークリフトが突然現れたため、急ブレーキをかけた
車両どうしによる衝突
急ブレーキによる運転手の投げ出され、負傷
急ブレーキによる、積荷の落下・破損
推奨対策
交差点など衝突・接触の危険のある場所での一時停止、指差し呼称の厳守
交差点にミラー、接近センサーの設置
フォークリフトへの前進・後進チャイムの設置
3.エンジンをかけたままで荷崩れを直している
状況
ピット上に荷を降ろそうとしたところ、荷崩れしていたので、運転手はエンジンがかかったまま、フォークリフトに登って、荷物をを直していました。
予想されるリスク
フォークリフトが動き出し、運転手が転落または車体とマストに挟まれて、負傷
荷の落下による荷の破損
運転手が足を滑らして落下、負傷
推奨対策
運転席以外には乗らない(登らない)ことを指導・徹底する
運転席を離れる時は、パーキングブレーキをかけ、レバー類を中立にし、フォークを最低下降位置に置き、キーを抜いてから離席することを指導・徹底する(その状態で荷崩れを直す)
不安定な荷は、荷崩れしないよう固定する

このような様々なヒヤリハットのケースを元に、対策を立てていくことが現場の安全レベルアップに効果が高いと考えています。
また、当社で販売している社内教育セットと組み合わせることで、単なるヒヤリハットの共有だけではなく、その問題の原因までさかのぼって必要な知識や運転操作方法の教育を行うことができます。

フォークリフトの危険性について
テキスト「第1章はじめに」から フォークリフトの労災統計データかや起こりやすい事故の型などを知ることで、安全意識を高めます。

危険な運転操作(ケーススタディー)
ドライブレコーダーの記録データから 実際の記録データを見て、どんな危険があるか、どんな対策があるかを考えてみます。

フォークリフト運転操作方法の復習
テキスト「第3章フォークリフトの運転操作」から フォークリフトの運転操作方法をもう一度学ぶことで、間違っていた操作・作業の改善を狙います。

豆テスト
フォークリフトの運転操作についての豆テスト テキスト第3章の内容から簡単な確認用の問題を用意。知識の定着をはかります。

導入事例(お客様の声)

ローム・アンド・ハース・ジャパン株式会社 相馬工場(ダウ・ケミカルグループ) 様
環境・衛生・安全(EH&S)活動を徹底、フォークリフト災害ゼロに新たな選択肢
株式会社阪急阪神ロジパートナーズ 様
フォークリフト用ドライブレコーダーで物流現場の危険を把握、解析する。
丸三物流株式会社 様
フォークリフト用ドライブレコーダーで安全性向上とコスト削減を両立する。