フォークリフトの安全運転コラム

フォークリフトの災害発生と死亡数

Date:2015/09/07
Writer:Masao Sakai (株式会社ツールマート)
大手人材サービス企業からツールマートへ転職。
異業種への参加だったが、人のマネジメントも物流のマネジメントもその本質は同じと考えている。現在は商品企画と現場安全マネジメント方法の構築を手がけている。

スピード警告装置

 

製造、物流の多くの現場ではフォークリフトをお使いのことと思われます。このフォークリフト、荷物を運ぶために必要な運搬車両としてなくてはならない設備ですが、生産設備ではないことから、経営上あまり重視されないという話も聞きます。フォークリフトに意思があるとすれば「もう少し大事にしてよ、注目してよ」と嘆いているかもしれません。
とここまでの話であれば冗談で済むのですが、冗談ですまない話もあります。下記は厚生労働省が発表している労働災害統計のデーターです。ご覧の通りフォークリフトの労働災害は年間1900件近くも発生し、捨ててはおけない現場の課題になっています。また死亡事故においてその比率はさらに高くなることから、『フォークリフトの労働災害は大きな災害になりやすい』と言うことができます。

 


●平成26年事故型別起因物別労働災害発生状況(2014年12月末累計)

※仮設物、建築物、構築物等、環境等、その他を除く

column20150904

ちょっと目立たないフォークリフトかもしれませんが、もう一度設備としての重要性、安全性を見直してみるのもいかがでしょうか。

 

カテゴリー

月別アーカイブ

関連安全商品

ドライブレコーダー
バックアイシステム
接近警報システム
スピード警報装置
社内教育セット
災害警報onDVD